週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

オリックス/サンケイビル 「(仮称)山王プロジェクト」着工

2015.04.20 16:25

基準階300坪の高機能オフィスビルが来年11月誕生
 オリックス(東京都港区)とサンケイビル(東京都千代田区)が16日、東京都港区二丁目で進めている「(仮称)山王プロジェクト」に着工した。 同物件の規模は延床面積1万2106・25㎡(変更の可能性あり)。東京メトロ千代田線「赤坂」駅徒歩2分、4線3駅が利用可能な交通利便性と外堀通りに面した視認性の高い場所に位置する。建物外観にはサンケイビルが展開する中規模オフィスビルシリーズ「S―GATE」の特徴である格子状のファサードデザインを採用し、300坪の無柱空間を確保した基準階フロアは自由度の高いレイアウトが可能。外堀通りに面した間口約40mを有する1階には店舗フロアを配し、4・3mの天井高は多種多様な業態へ対応できる。最上階には10階の入居企業のみが利用できるテラスとレセプションルームを設ける一方、すべての入居者が利用可能な約247㎡のガーデンテラスを用意。憩いのコミュニティエリアとして、オフィスワーカーの知的生産性の向上と入居企業の成長促進への寄与することが狙いだ。
 BCP対策として新耐震基準の1・5倍相当の構造体に加え、制震ダンパーを導入。2回線受電による本線停電時の予備回線を確保。専有部に24時間の電力供給が可能な非常用発電機を設置した。南側バルコニーには壁面緑化を設置することで熱負荷の低減。周辺環境との景観調和を図る。CASBEE新築における最高ランクのSランクの取得を予定している。


全て見る


PAGE TOPへ