週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

西武ホールディングス 「紀尾井町プロジェクト」の名称が「東京ガーデンテラス」に決定

2014.12.15 11:40

 西武ホールディングス(埼玉県所沢市)は11日、同社グループの一大プロジェクトとして開発を進めているグランドプリンスホテル赤坂跡地の開発計画「紀尾井町プロジェクト」のタウンネーミングを「東京ガーデンテラス」に決定したと発表した。
 同事業は東京都の指定有形文化財である旧李王家東京邸(旧グランドプリンスホテル赤坂旧館)を保存しつつ、オフィス・ホテル・商業施設からなる「オフィス・ホテル棟」と「住宅棟」の2棟で構成。開発における総延床面積は約22万7200㎡(オフィスは約11万㎡)。
 今回決定したネーミングは、東京・紀尾井町という歴史ある立地特性をダイレクトに表現する「東京」を冠し、周辺にある木々や彩りに溢れた計画地域のゆったりとした趣きを示す「ガーデン」と、弁慶濠沿いに位置するステップ状の商業ゾーンをイメージした「テラス」を組み合わせたもので、立地特性・周辺環境・施設特性等をわかりやすく表現できるものとして決定された。
 同社は、今後も開発コンセプトである「みどりと歴史に抱かれた国際色豊かな複合市街地」にふさわしい街づくりを推進していくという。


全て見る


PAGE TOPへ