週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

岩崎電気 水銀ランプの約5倍の長寿命

2014.07.07 11:59

 岩崎電気(東京都中央区)は、水銀ランプ250W/400Wと同等の明るさを達成した、電源ユニット別置形の新型LED投光器「LEDioc FLOODSPOLART(レディオック フラッド スポラート)」を今月から発売開始した。屋外のスポーツ施設照明や学校のグラウンド照明、工場の構内照明、ライトアップなどで多数採用されているHID110~400W用投光器と同形状、同質量(5・7kg)のLED投光器である。
 水銀ランプ250W用投光器と同等の明るさを63W、水銀ランプ400W用投光器と同等の明るさを127Wの消費電力で達成。水銀ランプ400Wと比較した場合、約70%の大幅な省電力化を実現する。
 また平成26年8月からは既設HID投光器の反射板、台座部分を再利用して光源筒のみLEDユニットに交換するリニューアルに対応することも可能になる。
 LEDモジュールの定格寿命は6万時間。水銀ランプの1万2000時間と比較すると5倍の長寿命になっておりメンテナンス費用を削減。雷による故障を抑制するため、15kVの誘導雷に耐えられるように設計HID投光器の台座(取付部)と同構造で、HID器具・安定器をLED投光器と電源ユニットに交換する際、既設の架台をそのまま使用できる。受圧面積も同等のため、設置しているコンクリート柱やポールの強度計算・基礎計算が不要。前面ガード、ルーバなどHID投光器用アクセサリが、そのまま適合する。配光は中角タイプ・広角タイプの2種類。水銀ランプ250Wと400Wの投光器と同等の明るさの2種の用途に応じて選べる計4機種をラインアップしている。


全て見る


PAGE TOPへ