週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

パナソニック エコソリューションズ社 産業・住宅用蓄電システムを来月より販売 大容量・小型・軽量化を実現

2013.11.25 12:22

 パナソニック(大阪府門真市)のエコソリューションズ社は、「産業・住宅用 リチウムイオン蓄電システム 5kWh スタンドアロンタイプ」の受注を12月20日より開始する。同製品は5kWhの大容量ながら、100万円を切る価格を実現。オフィスや公共施設、店舗、住宅など、さまざまな施設で、万一の停電に備えての導入を促進する。停電時はもちろん、平常時も電力需要ピーク時の購入電力抑制にも貢献する。
 近年、BCP(事業継続計画)の取り組みや、節電意識の高まりから、蓄電システムへのニーズが増えている。しかしながら、蓄電システムの導入には、価格、容量、設置スペースなどの課題があります。こうした中、同社では従来の約2倍のエネルギー密度を有する高容量リチウムイオン電池を搭載することで、5kWhの大容量ながら、小型・軽量化と希望小売価格(税抜)で100万円を切る低価格を実現している。コンセントから直接電源が取れるスタンドアロン方式を採用し、執務デスクの脇やPOSレジの下にも設置することができるスリムなデザインで、事務所やマンション管理室、店舗や診療所、住宅での設置にも配慮された設計となっている。同製品の希望小売価格は90万円(税抜・工事費別)、同社では年2000台の販売を目標としている。


全て見る


PAGE TOPへ