週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

<セミナー情報>東京都地球温暖化防止活動推進センター エネルギーマネージメントに役立つノウハウを指南

2013.09.16 12:05

 東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京)は10月15日、中小事業所向け「第6回省エネセミナー」を開催する。
 東京都では、「低炭素」・「快適性」・「防災力」の3つの同時に備えた「スマートエネルギー都市」の実現を目指し、積極的に政策を展開している。「見える化」を進め、エネルギーマネジメントを行うことは、事業所にとっても大きな省エネ成果が期待でき、コスト削減へとつながる。そこで、東京都環境局局長として東京都の気候変動対策を先導し、自然エネルギー財団事務局長に就任した大野輝之氏による「持続可能なエネルギーシステムをめざして」と題した基調講演や、芝浦工業大学工学部建築工学科教授の村上公哉氏による「中小規模ビルの『省エネルギー化』と『見える化』」と題した特別講演を開催し、今後の取り組みに役立つ情報の提供を行う。
 また、基調講演と特別講演に続く、第3部パネルディスカッションでは、「黒龍芝公園ビル」と「物産ビル」の省エネ事例の発表とともに、「BEMSを活用した省エネ対策を進めるためのポイント」と「外部機関を活用・連携するメリット」の2つのテーマをもとにディスカッションを行う。モデレータは引き続き、芝浦工業大学の村上氏が務め、パネリストとして黒龍堂(東京都港区)の間中昭司氏、物産不動産(東京都港区)の義永秀樹氏、日立製作所(東京都千代田区)インフラシステム社の加藤裕康氏、東京都地球温暖化防止活動推進センターの大西義人氏が登壇する。
 開催日時は、平成25年10月15日午後1時30分~午後5時30分まで。会場は、東商ホール(東京都千代田区丸の内3―2―2 東京商工会議所ビル4階)。 


全て見る


PAGE TOPへ