不動産トピックス

ホテル運営会社次の一手を探る

2018.12.25 14:32

「泊まれる本屋」大阪に初進出
 不動産のセレクトショップであるR-STORE(アールストア 東京都品川区)は、「泊まれる本屋」をコンセプトにしたホステル「BOOK AND BED TOKYO」の第6店舗目を12月13日大阪・心斎橋にオープンさせた。
 同施設「BOOK AND BED TOKYO 心斎橋店」は、地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅徒歩1分に位置、47床。
 同施設は、黒をテーマカラーにしたメニューで人気の「BOOK AND BED TOKYO」のカフェ「by BOOK AND BED TOKYO」を併設する。ブラックラテ、ブラックコーヒーゼリーミルクなど「by BOOK AND BED TOKYO」黒を基調としたレギュラーメニューに加え、京都・裏寺町で人気の、フレッシュフルーツを贅沢に使った人気サワー専門店「sour」と共同開発したブラックフルーツサンドなど、心斎橋店限定のフードも提供する。
 2015年11月に池袋にOPENした、泊まれる本屋がコンセプトの宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO」は、東京の新しいカルチャーとして、「CNN」「The Huffington Post」「The Guardian」「National Geographic」にも取り上げられるなど、世界的にも注目が集まる話題のホステル。セレクトショップ「1LDK」やパジャマメーカー「NOWHAW」、「トラベラーズファクトリー」などとのコラボレーションなどでも話題になっている。
 同施設は、本棚の中にベッドが埋め込まれ、まるで本棚の中に眠るような構造になっているのが特徴で、蔵書数約2000冊。館内に最大4000冊収納可能な本棚が配置する。また本格的なカフェバードリンクメニューの提供や、宿泊者以外にもデイタイムのラウンジスペース利用も可能だ。

「ホテル日航姫路」がリニューアルし新フロア開設
 ホテル日航姫路(兵庫県姫路市)では、13階~14階の客室55室のリニューアルを実施、2019年3月23日より、新たに「ニッコーフロア」として販売を開始する計画だ。
 今回の改装では、高層階からの眺望を生かし、「ホテル開業時から変わらない上質な雰囲気に加えて、洗練されたシックモダンをアクセントにグリーンを配した心地よい内装に生まれ変わります」(同社)という。
 リニューアルコンセプトは、コンパクトでありながらシングルはゆったりとしたベッドサイズ。スイート、デラックスツイン、ツインルームは収容人数増が図れ、ファミリーやグループで過ごすことが可能だ。
 具体的には、国内・海外からのファミリー層の取込みを視野にスイートルーム、デラックスツイン、ツインルームはトランドルベッドを採用し、常時3名での利用が可能となり、収容人数増に対応する。
 また、客室の壁紙、カーペット、ライティングデスクなど家具類を一新し、姫路城の石垣をイメージしたトータルコーディネートを実施した。
   快適な滞在を演出するアメニティを用意し、エアウィーヴ、スチームによって手早くしわが伸ばせ旅先での身支度にも重宝するアイロンスチーマー、淹れたてのコーヒーが味わえるコーヒーマシン、空気清浄機なども設置する。スイートルーム、デラックスツインルームには話題の4Kテレビも設置する。
 海外からのグループや休前日の姫路観光客、ビジネスエグゼクティブの利用を見込んでいるという。
 同ホテルは、2005年6月29日に開業。257室の客室、大小6つの宴会場、レストラン5店舗、フィットネスクラブを備える総合型ホテル。

京王プラザホテル サンリオとのタイアップを強化
   京王プラザホテルは、サンリオとのタイアップを強化し、京王プラザホテル多摩(東京都多摩市)でのサンリオキャラクターを使用した展開を増強する。現行のキティタウンルーム4室に加え3月にはロビーにハローキティの新フォトスポットを用意するほか、6月にはマイメロディとリトルツインスターズ(キキ&ララ)をテーマとした客室を2室ずつ新たに設置する。
 今回新たに設置するフォトスポットは、京王プラザホテルのオリジナルデザインのハローキティ「プリンセスキティ」をモチーフとし、ティアラをしてドレスアップしたプリンセスキティが階段の上に登場するシーンが3Dで描かれている。これは京王プラザホテルオリジナルデザインのハローキティで、くるんと長いまつげとほんのりピンクのチークが特徴。階段の前には幸せを呼ぶというジンクスのある「右足」のハイヒールチェアを配し、バラの花が描かれた絨毯が華やかさを演出している。
 同ホテルの現行のハローキティタウンルームは2014年11月1日に誕生して以来、ファミリー客を中心に人気を博している。
 新たなフォトスポットはホテル2階とロビーのフロント横に設置し、宿泊者以外も含め幅広く撮影を楽しむことができる。6月には新たなキャラクターを採用した部屋を用意することでリピーター利用を促していく。サンリオキャラクターは海外においても絶大な人気を得ていることから訪日外国人の利用も期待している。

ハイアットが長期滞在型出店 ニセコスキー場近く12月に
 ハイアットグループでは、12月16日にハイアット ハウス ニセコ(北海道虻田郡)を開業させた。
 同ホテルはLimeTree Capitalが所有するアップスケールな長期滞在型ホテルで、ニセコスキー場の中心という便利なロケーションに位置し、ホテルライフの利便性とサービスを提供する。
 同施設は、コンドミニアムスタイルのキッチン付きスイート91室で、設備の整ったキッチン、快適なリビングルーム、広々とした寝室、無料のアメニティ付きのスタイリッシュなバスルームを完備。
 パブリックスペースは 宿泊客同士がリラックスした雰囲気の中、集まり、交流できるオープンラウンジのほか、屋外にはバーベキュー、カクテル、簡単な食事を提供する。
 ハイアット ホテルズ コーポレーションのブランド「ハイアット ハウス」は2012年に誕生し、米国、中国、ドイツ、メキシコ、トルコ、プエルトリコにおいて85軒以上のホテルを展開している。ゲストのホテル体験に関する広範囲な調査に基づいたサービス、アメニティ、アップスケールな空間を提供する。  ハイアット ホテルズ コーポレーション(本社・米国イリノイ州)は、14のプレミアブランドを展開している世界有数のホスピタリティ企業。2018年9月30日現在、世界6大陸の55カ国で750軒以上の施設を運営している。

「ヴィアイン京都駅八条口」を来年に開業
 ジェイアール西日本デイリーサービスネット(兵庫県尼崎市)はこのほど、京都府京都市南区にて宿泊特化型ホテル「ヴィアイン京都駅八条口」を2019年5月30日に開業する。運営は、100%出資子会社のJR西日本ヴィアイン。  同施設はJR「京都」駅八条口から徒歩約2分に位置し、延床面積約1万4100㎡、1階エントランス、フロント・ロビー、店舗、喫煙ルーム、2~10階が客室で、シングル72室、ダブル189室、ツイン207室の合計468室。全館Wi-Fi接続無料、HDMI接続無料、USBポート接続無料、サータ製マットレス、セーフティーボックス SHARP製プラズマクラスター加湿空気清浄機など。
 国内のビジネス客、レジャー客はもちろん、近年増加の著しい訪日外国人にも利用してもらえるホテルを目指していくという。  ホテルでは、「凛RIN 京と出会うやすらいのとき」をコンセプトにしており、客室のアクセントパネルに、京都の伝統技術を用いた内装材の「絹ガラス」を採用している。朝食は、レストラン「食彩健美 野の葡萄」で、京野菜や自家工房の食材を用いたあたたかい料理を、バイキング形式で提供する。  今回の新規開業により、ヴィアインホテルチェーンは、全23棟、総客室数約500室となる。

ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ 「ホテル・アンドルームス」ブランドが好評
 ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ(ソラーレホテルズ 東京都港区)は、「ホテル・アンドルームス」の2号店「ホテル・アンドルームス名古屋栄」(愛知県名古屋市)が好調だ。
 同施設は名古屋市営地下鉄名城線・桜通線「久屋大通」駅より徒歩5分に位置し、名古屋市主導による再開発が計画されている久屋大通公園に隣接したエリア。敷地面積は385・78㎡、延床面積3224・96㎡、鉄骨造、一部コンクリート造、地上12階建て。土地所有者はY&Y、設計はアルファワークス、内外装デザインは橋本夕紀夫デザインスタジオが担当する。施工は松井建設。  客室数はスタンダードシングル13㎡38室、スタンダードダブル16㎡39室、スタンダードツイン16㎡20室、スーペリアツイン25㎡10室、ユニバーサル18㎡1室の全108室。緑豊かな環境に調和するよう「木立ち」をイメージしてデザインされた建物には、男女別の露天風呂付き大浴場を備えるとともに、カフェを併設する予定だ。
 「アンドルームス」ブランドは、「一泊のストーリーを充実させる『&』があるホテル」というキャッチコピーのもと、それぞれの街にあわせて「&」をホテルにプラスしているのが特徴。第1号ホテルとして、大阪市に「ホテル・アンドルームス大阪本町」が昨年4月に開業している。

小規模施設向け宿泊管理システム
 全国で700以上の施設で基幹システムを提供しているタップ(東京都江東区)が販売してるのが、小規模施設向け宿泊管理システム「accommod(アコモド)」だ。
 このシステムはWi-Fi環境があれば利用可能なもので、ホテルはもちろん、旅館、民宿、ペンション、ゲストハウス、民泊まで30室以下の施設を対象としている。
 100%ウェブシステムのため、インターネット環境があれば、「部屋の使用状況」、「清掃状況」といった日常業務や売り上げ管理・顧客管理がPCやタブレットで行うことができる。チェックイン時では、タブレット内にサインしてもらうだけで宿泊台帳として利用できるほか、チェックアウト時にはプリンターからレシートを発行することで会計をスムースに行うことも可能だ。
 また、自社ホームページで直接宿泊プランを販売することもできる。受け付けた予約を転記する必要みなく、ミスを防ぐこともできるようになる。サイトコントローラ―経由で宿泊予約も取り込めるため、「予約管理にかかる手間を大幅に削減します」(同社)という。


全て見る


PAGE TOPへ