不動産トピックス

編集後記

2018.10.19 11:36

 築地市場が閉鎖。不安視されているのが寝床にしてきたネズミの存在。一部では買いたいと同時に逃げ出して、シュウヘンエリアに影響を与えるのではないかと危惧されている。衛生環境への影響も不安だが、日本の経済の一端を支える訪日観光客が「ネズミの走り回る街」を見てどのように思うか、その悪影響は想像に難くない。東京都はこのネズミの駆除に本腰をいれているようだ。2020東京オリンピックを前にして藪をつついて問題が飛び出したようだ。しかしネズミからしてみればまさに「死に物狂い」。その姿はネタ探しに窮する記者稼業の者たちといくぶん似ている。(萩原)


全て見る


PAGE TOPへ