週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

禁煙がコンセプトの賃貸住宅「コーシャハイム経堂フォレスト」来年1月入居開始

2020.11.24 11:14

 東京都住宅供給公社(東京都渋谷区、JKK東京)は17日、「禁煙」をコンセプトに取り入れた新築賃貸マンション、「コーシャハイム経堂フォレスト」の入居者募集を2021年1月から開始すると発表した。
 「コーシャハイム経堂フォレスト」は、小田急線「経堂」駅徒歩12分、「千歳船橋」駅徒歩7分。団地として建てられた「経堂第一住宅」3棟96戸を建て替え、RC造地上6階建のマンション2棟として新築させた。戸数は1号棟68戸、2号棟30戸の計98戸とし、従来の戸数とほぼ同規模で10月に竣工した。
 コンセプトとした「禁煙」は、2棟のうち30戸が入居する2号棟において実施。住戸内はもちろん敷地内全てを「全面禁煙」とする。JKK東京では、「喫煙者と非喫煙者のライフスタイルや価値観の違いに配慮し、今回の建て替えを契機に1棟を全面禁煙とした」としている。入居時の賃貸借契約で禁煙であることを定め、敷地内のサイン表示などで禁煙エリアを明示してルール化する。
 また、同住宅ではこれからの暮らしに対応した環境も整備。ボタンに触れることなく目的階に到着できる「タッチレス型エレベーター」を採用し、全住戸に「Wi-Fi環境」も整えた。無料で利用できるマルチコミュニティサロンには「ワーキングスペース」を設け、テレワークのニーズにも応える。
 JKKでは、今後も時代にマッチした先進的な住環境を取り入れていく考え。入居者にとって安心安全で、快適な賃貸住宅の供給を推進していきたいとしている。


全て見る


PAGE TOPへ