週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

明和地所 在宅勤務対応マンションを相次ぎ分譲

2020.08.31 15:40

 明和地所(東京都渋谷区)は、在宅勤務に対応した新築マンションを相次ぎ販売開始した。
 横浜市港北区で開発中の「クリオ新横浜マスタープレイス」は、横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅から徒歩7分。南東向き中心の2LDK~3LDK、54・78㎡~80・06㎡のファミリー向け。エントランスホールのWi-Fi環境を整備し、ワーキングスペースを設置した。
 福岡市博多区にて開発を進めている新築分譲マンション「クリオ ラベルヴィ呉服町ウエスト」は、福岡市地下鉄箱崎線「呉服町」駅徒歩6分、福岡市地下鉄空港線・箱崎線「中洲川端」駅徒歩11分の立地。全戸南西向きの34・40㎡~55・15㎡、1LDK~2LDKのコンパクトなプランが中心とした。
 両物件とも在宅勤務の増加に備え、インターネット環境は最大1Gbps回線を採用し、住戸数40~50戸ながら通常100~150戸のマンションに使用するネットワークを構築。「ダウンロードに時間がかかる」などの声に対応する。またリビングと洋室間のドアにスライディングドアを採用し、空間をフレキシブルに活用できる設計とした。


全て見る


PAGE TOPへ