週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

「MEFULL浦和」8月19日に開業 サービス特化型商業施設の第2弾

2020.08.11 14:54

 野村不動産(東京都新宿区)は、サービス特化型商業施設のブランド「MEFULL(ミーフル)」の第2弾となる「MEFULL浦和」を、8月19日に開業する。
 「MEFULL」は、健康、学び、暮らしを主体としたテナントで構成される施設を展開。人々の暮らしに「満足」を与えられる商業施設を目指している。4月16日には、第1弾として大阪市北区に「MEFULL茶屋町」がオープンしている。
 シリーズ第2弾となる「MEFULL浦和」がオープンするのは、埼玉県庁やさいたま市役所などの行政機関をはじめ、商業施設も多数集積する浦和エリア。「浦和」駅アトレ北口徒歩1分の好立地で、近隣のファミリー層や「浦和」駅を利用する女性をメインターゲットに、暮らしを充実させる質の高いサービスを提供する。建物は敷地面積185㎡、延床面積858㎡、地上7階地下1階で、1~7階が店舗となる。
 1階には不動産仲介・エイブルの旗艦店として「エイブル浦和西口店」が入居。2~3階には歯周病専門の歯科医院が開院する。4階には野村不動産の法人向けサテライト型シェアオフィス「H1T(エイチワンティー)」がオープン。5階には美容サイトのネット予約売上で2年連続全国1位を獲得した美容院の姉妹店が出店し、6~7階には全室個室のプライベート美容クリニックが開業する。野村不動産ではユーザーニーズを捉えたテナント誘致により、多くの利用者が納得するサービスを届ける考えだ。
 「MEFULL」シリーズは現在、千歳烏山(東京都世田谷区)、巣鴨(東京都豊島区)、藤沢(神奈川県藤沢市)で開発が進んでおり、他にも2つのプロジェクトを予定している。


全て見る


PAGE TOPへ