週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

「ヒューリック目白」竣工

2019.01.08 14:59

 ヒューリック(東京都中央区)は12月26日、「目白富士ビル」の老朽化に伴い進めていた建替事業が完了し、「ヒューリック目白」として竣工したと発表した。延床面積は、5538㎡。
 建物は、JR山手線「目白」駅から徒歩2分に立地する複合用途ビル。1階から5階を物販店舗、飲食店、クリニック、事務所として賃貸し、6階から8階の賃貸住宅部分は、1K50戸を三菱地所リアルエステートサービス(東京都千代田区)に一括賃貸する。
 学習院大をはじめ、キャンパスが数多く存在する学生街にあり、洗練された活気と落ち着きが共存する目白の街並みに配慮して、目白通り側には、スタイリッシュなエントランスとガラスカーテンウォールでにぎわいを演出し、南側の閑静な住宅街へは緑豊かなヒューマンスケールの前庭で演出された住宅エントランスを配した。
 共用部分の非常用電源の供給や緊急排水槽・備蓄倉庫の設置により、災害時の建物の機能維持にも配慮した安心、安全な建物となっている。屋上に太陽光発電を設置し、住宅エリアは共用廊下の中央に外部の吹抜けを配し、住戸扉を換気機能付きとすることで自然換気や自然採光が可能な計画となっている。


全て見る


PAGE TOPへ