週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

国土交通省 オーナー「本音」聞こえる緑化ガイド

2017.02.06 17:00

 国土交通省が昨年12月20日、ウェブ上で建物緑化の実用性を紹介する事例集「緑による建物の魅力アップガイド」を公開した。  制作に携わった国土交通省公園緑地・景観課の高橋涼課長補佐は「これまでは低炭素化やヒートアイランド現象の緩和等に寄与するといった環境面からビルの屋上・壁面緑化の普及を図ってきたが、ここにきて質の高い緑化空間を整備・維持することで集客効果を高めたケースなどが増えている。こうした成功事例を広く紹介することで緑化の普及を進めていこうと考えた」と説明。最大のポイントはビルオーナーや管理者、設計デザイナーなどの生の声を通じて、建物の魅力向上によるメリットを紹介している点だ。従前は建物のデザイン性等のハードとして緑化を捉えるガイド本等は存在していたが、建物オーナー等の「生の声」を拾った事例は希少だ。  ウェブ版で公開したのは読者が興味をひく項目を選択して閲覧するため。緑化事例も住宅、事務所、商業施設、医療・福祉施設、学校・教育施設に分類した。事務所は6施設が紹介され、中でもイベントスペースとして機能する既存中小ビルの屋上緑化事例はビルオーナーにとって参考になるはずだ。


全て見る


PAGE TOPへ