週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

近鉄グループホールディングス、ほか あべのハルカス来場者1億人突破

2016.09.12 17:22

 日本一高いビルである「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)はグランドオープンから910日目(約2年6カ月)にあたる9月1日、来場者が累計1億人(1日平均約11万人)に到達した。
 同ビルには平成26年3月7日のグランドオープン以降、「ハルカス300(展望台)」、「あべのハルカス美術館」、「あべのハルカス近鉄本店(百貨店)」、大阪マリオット都ホテル」、オフィスといった様々な都市機能が集積されたビルとしてこれまで多くの人々が訪れている。
 これを記念して、「あべのハルカス」の最上層に位置するハルカス300(展望台)では「ご来場者1億人到達記念 秋の大阪満喫キャンペーン」が9日から25日まで実施される。同キャンペーンでは期間中にハルカス300(展望台)への来場者を対象に、ハルカス300(展望台)、あべのハルカス美術館や海遊館、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®等大阪を代表する観光施設の入場券等の商品を抽選で合計300本プレゼントする。また、現在開催中の「ハルカス300クールビアガーデン」においても同期間、納涼プランの利用者全員に「あべのべあコルクコースター」をプレゼントする。
 その他、1億人到達記念として、「あべのハルカス近鉄本店(百貨店)・ハルカス300(展望台)・あべのハルカス美術館」の各施設の入場や買い物をお得にセットした「あべのハルカス秋得チケット」を販売し、また大阪マリオット都ホテルでは3日から9日まで昼食時にスパークリングワインもしくはオレンジジュースをサービスする。
 同社は「今後も、『あべのハルカス』では多くの皆様にご来場いただけるよう、また愛される施設として、様々な取組みを行ってまいります」としている。


全て見る


PAGE TOPへ