週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

コクヨエンジニアリング&テクノロジー 床下設置タイプの「サウンドマスキングフロアー」

2014.12.01 14:17

 コクヨグループであるコクヨエンジニアリング&テクノロジー(東京都品川区)では、オフィスなどのOAフロア下に設置が可能な「サウンドマスキングフロアー」の受注を来年1月から開始することを発表した。
 コクヨエンジニアリング&テクノロジーでは、平成18年10月より45デシベル程度の特殊なマスキング音(疑似空調音)を発生させることによって、室内の会話漏れや騒音が聞こえにくくなるという原理(=マスキング効果)を応用した音環境のソリューション「サウンドマスキングシステム」を発売開始していた。
 今回受注を開始する「サウンドマスキングフロアー」は、オフィス空間のOAフロア下にマスキング音を発生させるスピーカーを設置し、床面上の執務空間に対しマスキング効果を発生させる。これによりOAフロアを敷設済みのオフィスにおいても、簡単な施工作業で設置することができる。テレビ会議などの音声による周囲からの集中を阻害する要因を軽減して、より快適な環境を構築できるとしている。
 さらに、床下設置の効果として、床下面から放出されるマスキング音はテーブル天板などでマスキング音を一部遮り、テレビ会議システムの音声マイクに収録されづらくなるので、快適なテレビ会議環境を提供するものだ。
 背地条件はスラブ面から60mm以上のスペースが必要。同社製品の各種コントローラーに対応しているため、オフィス環境に応じたサウンドソリューションを提供する。


全て見る


PAGE TOPへ