週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

キヤノンマーケティングジャパン 42%の軽量化と消費電力を10W削減

2014.03.10 13:48

 キヤノンマーケティングジャパン(東京都大田区)が米国のSWITCH社(SWITCH Bulb Co.,Inc.、CEO:EC Sykes)製LED電球「SWITCH infinia」を5月より発売すると発表した。
 キヤノンマーケティングジャパンは、平成24年3月に米国SWITCH社製LED電球の国内独占販売権を取得し販売を開始。従来の3機種に加え今回の新製品「SWITCH infinia」を投入することで幅広いニーズに応える。また、独自の技術により高い放熱性能を実現するだけでなく、軽量化、低消費電力化により、白熱電球からLED電球への買い替え需要を促進していく。
 「SWITCH infinia60」は従来製品の本体重量を42%軽量化し175gとなり、さらに消費電力も10Wに削減することでコストを抑え利用しやすい仕様となっている。また、LED電球の課題である光の広がる角度(配光角)を310度に広げることでより白熱電球と同等の明るさを実現。白熱電球60W相当以上のLED電球では珍しい調光対応が可能となっている。また、LED本体の熱を抑えることができるため、密閉器具でも利用することができる。それに加え今回、断熱材施工器具にも対応したことにより、利用範囲が広がり様々なシーンで使用可能となった。


全て見る


PAGE TOPへ