週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

アットオフィス/ハウスメイト/あいわ税理士法人/サンセイランディック/フィルカンパニー 空室対策や相続対策に関連したセミナーを開催

2013.11.18 17:37

 アットオフィス(東京都港区)、ハウスメイトグループのハウスメイトパートナーズ(東京都江東区)、あいわ税理士法人(東京都港区)、サンセイランディック(東京都千代田区)、フィルカンパニー(東京都千代田区)は、丸誠(東京都新宿区)とアイザワ証券(東京都中央区)の協賛により、6日(14時~17時)に「攻めと守りの不動産経営セミナー」を「八重洲MIDビル」にある「アットビジネスセンター東京駅」の302号室にて開催した。
 今回のセミナーは五部構成で実施。まずは、ハウスメイトパートナーズの東東京支店の支店長である谷尚子氏が「業界で話題の女性支店長が賃貸マンションの『満室経営のコツ』教えます!」と題して、入居者に選ばれるローコストな部屋作りや入居者の目をひく募集方法の最新事情について講演。次に、アットオフィスの代表取締役社長である大竹啓裕氏が「ここでしか聞けない!オフィスビルの具体的な空室対策の実践講座」というテーマのもと、他社にはない収益化のモデルとして、同社が展開する貸会議室やレンタルオフィスなどを解説した。
 また、あいわ税理士法人のパートナー税理士である杉山康弘氏によって「大増税時代を乗り切る!不動産オーナーのための相続対策」というテーマで次世代に向けて財産をいかに守り抜くための対策について述べたほか、サンセイランディックの取締役営業本部長の佐藤厚氏が「相続で問題となる不動産!底地・借地・共有不動産の解決事例」と題し、底地借地・使用貸借の問題を抱えた不動産や共有者の意見の相違の問題を抱えた不動産のケースについて紹介した。
 最後に、「駐車場の上部がもったいない!空中店舗事業の『フィル・パーク』のご紹介」というテーマにより、フィルカンパニーの代表取締役社長の高橋伸彰氏が駐車場やテナントからの収益とともに、土地の有効活用や相続対策に効果的なサービス内容を披露した。
 同セミナーには、ビル経営者を中心に会場の定員数の100名近くが参加するなど、盛況のうちに全てのセミナープログラム終了後、閉幕した。


全て見る


PAGE TOPへ