週刊ビル経営ビルモール

週刊ビル経営ビルモール


☆不動産業界トピックス2018年6月11日
▼ホームアウェイ/全国古民家再生協会/楽天LIFULL STAY 古民家利用で業務提携
 エクスペディアグループのホームアウェイ(米国テキサス州)と全国古民家再生協会(東京都港区)、楽天LIFULL STAY(東京都千代田区)は4日、古民家をバケーションレンタルとして活用し、国内外の旅行客に向けて古民家の認知・価値拡大と地域の観光活性化を加速させることを目的とした業務提携の合意に達した。
 三者は今回の提携により古民家をバケーションレンタルのための物件として活用することで国内外の旅行客に向けて古民家や地域の魅力を発信し、長期滞在してもらうための取り組みを強化する。
 その一環として全国古民家再生協会では古民家を宿泊施設として利用する場合の基準となる「古民家宿泊鑑定」を設ける。この鑑定制度は20項目からなり、全国古民家再生協会が認定する古民家鑑定士がそれぞれの古民家を鑑定することで、安心・安全な物件開発を担保する。鑑定済みの古民家には「古民家宿泊鑑定済ロゴ」を発行。ロゴは対象物件にステッカーとして貼られるため、訪問者や観光客に認知されやすくなるとともに、ホームアウェイのサイト上でも「鑑定済古民家物件」として紹介される予定だ。




◆「週刊ビル経営」年間購読のお申込はこちらから◆