週刊ビル経営ビルモール

週刊ビル経営ビルモール


☆不動産業界トピックス2018年6月11日
▼エンゼル リゾートマンションで民泊 湯沢では初の事例
 エンゼル(東京都千代田区)が新潟県湯沢町で運営するリゾートマンション「エンゼルリゾート湯沢」では今年3月14日に行われた臨時総会で住宅宿泊事業(民泊)制度導入に関する議案が賛成多数で可決された。民泊導入について湯沢町内のリゾートマンション管理組合で議案が可決したのは初。
 住宅宿泊事業法(民泊新法)では現に家主不在の住宅で住宅宿泊事業(民泊)を行う場合、住宅宿泊管理業者へ管理委託する事が事業者に義務付けられている。同マンションでは民泊が承認された総会で民泊管理業者をマンション管理を行う同社と指定したことでマンションオーナーが安心して一括した民泊を行うことができる仕組みを構築することが可能になるとしている。




◆「週刊ビル経営」年間購読のお申込はこちらから◆