週刊ビル経営ビルモール

週刊ビル経営ビルモール


☆不動産業界トピックス2018年6月11日
▼サンシャインシティ 研修特化型会議室を新設
 サンシャインシティ(東京都豊島区)は豊島区東池袋の大規模複合施設「サンシャインシティ」内に、研修専用の設計を施した54名定員の会議室2室(コンファレンスルームRoom16・Room17)を新設した。
 現在「サンシャインシティ」には全29室の会議室があり、会議・研修のみでなくセミナー、面接、会社説明会、展示会、パーティーなど様々な目的・用途で利用されている。今回新設したコンファレンスルームは「研修に特化した専用設計の部屋」。研修やグループディスカッション、ロールプレイングなど様々なスタイルに適応でき、参加者の議論の活性や理解の促進を促す。
 設備は5500ルーメンの天井吊プロジェクター、電子黒板機能が付いているインタラクティブ・プロジェクターボード、電源タップ付きデスク、ステーショナリーBOXなど。数週間から数カ月間の連続長期利用も可能である。




◆「週刊ビル経営」年間購読のお申込はこちらから◆