週刊ビル経営ビルモール

週刊ビル経営ビルモール


☆不動産業界トピックス2018年4月16日
▼パナソニック 「アラウーノ」上位グレードをフルモデルチェンジ
 パナソニック(大阪府門真市)は、8月21日にエコソリュ―ションズ部門で「オゾンウォーター」と「ナノイーX」を上位グレードに搭載し、汚れもニオイも抑えてトイレ空間をもっと快適にした、全自動おそうじトイレ「アラウーノ」L150シリーズを発売する。同シリーズはアラウーノの上位グレードのフルモデルチェンジ商品。泡で受けとめて、泡で洗う「アラウーノ」をさらに進化させ、清潔性やインテリア性により空間価値を向上させる。また、「清潔性」と「インテリア性」を強化し、除菌効果のある同社独自の「オゾンウォーター」(オゾン水)を生成。トイレ退出3分後に「オゾンウォーター」を洗浄ノズルや便器に約1分間散布することで、便器内の汚れの元になる菌などを抑制する。同社独自の消臭システム「ナノイーX」でトイレの壁に染み込んだニオイまで脱臭し、空間全体を清潔に保つ。また、好評のカラー展開を強化。オプションとして深みのある色合いと素材感の便ふた6柄、アームレスト4柄を発売することで、インテリアコーディネイトの幅が広がる。




◆「週刊ビル経営」年間購読のお申込はこちらから◆