週刊ビル経営ビルモール

週刊ビル経営ビルモール


☆不動産業界トピックス2018年4月9日
▼大和ハウス工業 「函館」駅前の再開発が起工
 大和ハウス工業(大阪市北区)は北海道函館市が推進する「函館駅前市有地等整備事業」で3月15日に函館市・北海道旅客鉄道(JR北海道・札幌市中央区)と50年間の事業用定期借地権設定契約締結し、4月4日に地鎮祭を行った。竣工は2019年10月を予定している。
 大和ハウス工業ではサービスアパートメントを備えたホテルと店舗からなる複合商業施設「ロイヤルパークスER函館駅前」を2019年12月に開業し、函館経済の発展に貢献することを目指す。
 今回開発する「ロイヤルパークスER函館駅前」はJR函館本線「函館」駅前に建設される防災医療拠点の機能をもつ、ホテルと店舗からなる複合商業施設。「ラ・ジェント・ステイ函館駅前」(地上11階、客室数261室)と「店舗棟」と「カフェ棟」からなる商業施設は2019年12月に開業予定となっている。
 また、同社は災害時に「防災医療拠点」となるER(救命救急)機能を持たせた施設建設を推進しており、同施設は道内において2016年に開業した「ロイヤルパークスER札幌」に続き2施設目となる。



◆「週刊ビル経営」年間購読のお申込はこちらから◆