週刊ビル経営ビルモール

週刊ビル経営ビルモール


☆不動産業界トピックス2018年2月12日
▼UDS 書店とコワーキングスペース融合 本と人の交流拠点が4月オープン
 小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は4月に東京・神保町の「岩波ブックセンター」跡地に書店・コワーキングスペース・喫茶店の複合施設「神保町ブックセンター with Iwanami Books」を開店する。
 同施設はコワーキングスペースと書店、イベントスペースなどを複合させた施設。学術書や岩波書店(東京都千代田区)の発行書籍を多く取り揃えた書店スペースだけでなく「本を中心に人々が集い、これからを生きるための新しい知識・新しい仲間に出会える『本と人との交流拠点』となる場」を企画・設計に取り入れている。
 「仕事場」としては本に囲まれた空間で集中して作業ができるワークラウンジと会議室、サービスオフィスといったコワーキングスペースを提供。「ワークラウンジ」では岩波書店の書籍に関するイベントのほか、著者を招いたトークイベント、ワークショップやスクール(連続講座)、読書会などを定期開催する。UDSはコワーキングスペース「LEAGUE」を展開しており、同施設は昨年10月新宿に開業した「INBOUND LEAGUE」に続き、4拠点目。
 「未来の自分の種をまく」をコンセプトとして、だれでもが立ち寄って本を読み、その本を購入でき、さらにコーヒーや食事も楽しめる「本喫茶」と、本に囲まれた空間で仕事ができ、様々なテーマのイベントをきっかけに新しい知識や仲間に出会える「仕事場」を融合させた。新しい知識や発見との出会い、新しい仲間との出会いを促し、これからの時代を生き抜くための気づき・個人の成長のきっかけを提供することを目指す。
 同施設ではアドバイザーに「NUMABOOKS」代表、下北沢「本屋 B&B」共同経営者であるブック・コーディネイター内沼晋太郎氏を迎え、同氏との協力体制のもと運営していく。
 同社は「ホテル、カフェ、学生食堂、フードトラックと様々な形の飲食事業を手がけていますが、神保町ブックセンターでは、書店、コワーキングスペース、イベント機能も重ね合わせた複合飲食施設として、新たな飲食経営の形に取り組んでいきます」としている。



◆「週刊ビル経営」年間購読のお申込はこちらから◆