週刊ビル経営ビルモール

週刊ビル経営ビルモール


☆不動産業界トピックス2018年2月5日
▼積水化学工業 業界初の高効率雨水排水システム
 積水化学工業(東京都港区)環境・ライフラインカンパニーは業界で初めて大型建物用雨といを活用した「大型高排水システム」を先月29日に発売した。
 同システムは工場や倉庫などに使われる大型建物用雨とい「超芯Vシリーズ・Pシリーズ」と「カラーパイプ」を組み合わせ、専用に開発した部材を活用してサイフォン現象を連続発生させることにより高い排水能力を実現した。
 従来の排水では配管内に雨水が流れる際に空気も巻き込んで排水され、また、エルボなどの継手の屈曲部では流れが途切れ、雨水が連続的に引き込まれないことが排水の妨げになっていたが、同システムでは空気の巻き込みを防ぐ専用のドレンと滑らかな排水を行うエルボを用いて配管内を満管の状態にして排水することにより高い排水能力を実現した。
 排水能力は同社従来品の4倍、重量を3分の1とすることで施工性を向上させた。同社では販売目標を2019年度までに3億円と設定している。





◆「週刊ビル経営」年間購読のお申込はこちらから◆