週刊ビル経営ビルモール

週刊ビル経営ビルモール


☆不動産業界トピックス2017年12月4日
▼投資家向けにホテル見学会・個別相談会を開催
 空き家に付加価値をつけて再生させるプロデュース&ディレクション&設計・施工を行う一級建築士事務所 建築商売(東京都渋谷区)が取り組む「日本初!ホテル(ホステル)オーナーになろう!」シリーズが、10プロジェクト達成目前となっている。
 2020年までに4000万人を超える外国人観光客、全国で820万戸以上と増え続ける空き家・空きビル、そして優良な不動産投資物件の不足、この3つの問題点を「リノベーション×イノベーション」で改革し、体験型のホテル(ホステル)を創造することにより社会的にも投機的にも有意義なプロジェクトとして大きな反響を得ている。
 また単に宿泊するだけのホテル(ホステル)ではなく、「体験型」ホステルとしてコンセプトを与えることにより他にはない唯一無二のコンセプチュアルホステルとしても評価は高い。
 そこで同社では12月11日よりホテル(ホステル事業)への参入を希望する投資家に向け、完成見学会&個別相談セミナーを実施すると発表した。
 コスプレイヤー・女性専門のコステルンアキバ 秋葉原プロジェクト、外国人向けの生け花体験がコンセプトの四谷プロジェクト、日本の城をイメージした大久保プロジェクトなどのホステルを見学できる個別セミナー。同社のホステルビジネスのノウハウが明かされる。
 完成見学会および個別相談会は12月11日〜16日の間、毎日10時〜20時の間で各回約90分で開催する。参加費用は5000円で、四谷・秋葉原・大久保のいずれかの物件を見学し、個別相談会へと移る。申し込みは同社サイト内のフォームまたは電話で受け付けている。


◆「週刊ビル経営」年間購読のお申込はこちらから◆