週刊ビル経営ビルモール

週刊ビル経営ビルモール


☆不動産業界トピックス2017年12月4日
▼インヴァランス 子会社2社設立
 インヴァランス(東京都渋谷区)は先月28日、子会社「ACCEL LAB」、「スペロボ」を設立、事業を開始した。
 インヴァランスは2004年5月の創業時からこれまで計99棟の自社ブランドマンションを提供。これに加え、昨年12月より同社で開発したIoT「alyssa.(アリッサ)」を搭載したスマートホームを568戸提供している。さらに今年10月より新たな戦略として本格的にIoT事業に参入することを発表、その第一弾としてスマートホームAI「CASPAR(キャスパー)」の開発、提供を行う米国のベンチャー企業、Brain of Things社に投資。自社ブランドマンションである「LUXUDEAR高輪」の一部をIoT・AI搭載マンションとしてPoCを実施している。
 鍵や家電などのさまざまなものがIoT化し、AIスピーカーなどの出現により住空間のあらゆるものがIoT・AIで動かせる時代になってきている。同社は近い将来、住空間そのものがIoT化やAI化される時代が訪れると考えている。
 今後、新規設立した2社を通して、自社開発のIoT、投資を行ったスマートホームAIを活用した事業の強化や新たなIoT/AI関連サービス、事業の開発、提供を行っていく。




◆「週刊ビル経営」年間購読のお申込はこちらから◆