「ビル経営アワード」
 「不動産ソリューションフェア」
 「ビルモール」

※ウェブ投票は終了しました。
◎改修ポイント◎
屋外に設置されたテナント看板の照明ランプを交換。LEDを導入することで明るさが増し、夜間の防犯対策にも効果。

◎工期
2017年5月

◎施工
岡元空調設備
◎所在地
東京都北区中里1-10-6

◎延床面積
709.00㎡

◎竣工◎
1994年

◎所有形態
個人所有
 JR「駒込」駅東口より徒歩3分、駅前商店街を抜けた住宅街に立地する「駒込Kビル」には一般のオフィスのほか学習塾やピラティス教室といった地元住民の利用が多い入居テナントが構成され、同ビルの管理責任者・小島雄一氏が目指す「地域に根差したビル経営」が実現している。
 直近で実施したのは敷地内に設けられた自立式の屋外テナント看板の照明リニューアルである。このテナント看板は各階ごとでアクリルパネルの社名が記載されており、看板の内部から照明で照らし、夜間でも入居者の社名を分かりやすく表示されるという一般的なもの。照明ランプのオン・オフの切り替えは小島氏が毎日手動で行っている。
 「看板の内部に設置されているランプは6カ所で、20WタイプのLEDランプに更新しました。屋外に設置されているため雨水の侵入をいかに防ぐかが、最も注意した点です。ランプの交換の際に一度アクリル社名板を外し、戻す際にコーキングをして防水性を高めています」(小島氏)
 今回の作業を担当したのは、設備工事全般を手掛ける地元企業・岡元空調設備(東京都北区)。小島氏によれば同ビルの空調設備のリニューアル工事も担当しているとのことで、地元ならではの信頼の深さが伺える。
 作業そのものは一日で終了。翌日にはコーキング作業を行い、テナント看板はこれまで以上の明るさを放っている。小島氏は「建物周辺の防犯効果にも期待している」と述べる。小島氏は今後も入居テナントの利便性向上に資するリニューアル工事を実施していく考えだ。

(週刊ビル経営2017年7月24日号掲載)
駒込Kビル 「駒込Kビル」