「ビル経営アワード」
 「不動産ソリューションフェア」
 「ビルモール」
※ウェブ投票は終了しました。
◎所在地
東京都千代田区神田美土代町3-7

◎建築規模
地上9階

◎竣工
1978年

◎店舗面積
約56㎡(17坪)
  「ニュー楓ビル」は東京メトロ丸ノ内線「淡路町」駅から徒歩4分に立地するオフィスビル。そのビル1階に今年6月キッチン付きのイベントスペース「MID STAND TOKYO(ミッドスタンドトーキョー)」がオープンした。
 「MID STAND TOKYO」は、今後飲食店の出店・経営を目指す人に対してチャレンジキッチンとして利用できるイベントスペース。各週・時間ごとにスペースの予約・利用ができ、リーズナブルな値段で飲食店経営を行うことができる。同スペースを開始する経緯について「ニュー楓ビル」を所有する楓屋(東京都千代田区)の代表取締役社長 田熊清徳氏は「以前入居していた店舗の名残であるキッチンを取り壊すか壊さないかといった問題に直面したのですが、このキッチンを壊さずに上手く活用することができないか検討した結果、飲食店用のスタートアップスペースに仕上げました」と語る。
 同スペースの内装はできる限りの費用を掛けずに改装した。閉店した飲食店などから譲り受けた年季が感じられる角打ちカウンターや不用品となった足場板、格子ラックなどを組み合わせたコラボレーションとなっており、木を生かしたデザインに仕上がっている。特に足場板は床に敷き詰めただけなので、取り外してのレイアウト変更も自由に可能。またテイクアウト用の窓も埋めずにそのまま生かしている。
 田熊氏は「不要だった木材を再利用した内装レイアウトと自由に対応できる店舗環境が若年層などから好評で、利用促進にも効果を発揮しています」と語る。

(週刊ビル経営2017年9月11日号掲載)
楓屋 「ニュー楓ビル」